スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

10年越し?クレ・ド・ポー ボーテ

高校卒業してから、
たくさん化粧品は買いました。
中・高の頃は、雑貨屋さんのメイクコーナーにある1,000円~2,000円のものを先生に怒られない程度に使い、高校を卒業して大学生のアルバイト時代にはその頃はまだドラッグストアの化粧品ディスカウントも今ほどではなかったので地元のデパートや、化粧品店でBAさんに相談して1品ずつ、ちょこちょこ買っていましたね。
メイクアップの化粧品では、資生堂が一番アイテムを持っているように思います。
独身時代は、シャネルやディオール、クリニーク、ランコム、さらにはシスレーまでわざわざ福岡まで買いに行っていたときもありました。(実家は九州の田舎なので福岡までは2時間くらいかかるのに、パワフルでしたね)
最近はあまり出歩く時間もないので、色モノの他のカラーで持っている単色のアイテムなどは
ドラッグストアでパパっと試すこともなく、買って帰ることが多いです。
時間があるときはなるべくカウンセリングコーナーで行きつけのお店で担当の方とお話しながら買うのですが。
資生堂でも、いろいろありましたよね。
ちょうど15年くらい前からなので、ピエヌのカラーをたくさん買いました。
今でも使っているものもあり、ピエヌのこのカラーが好きで、なぜマキアージュで作ってくれないの?と思うリップカラー、アイライナーペンシルもあり、もうかなり古くなっていますが実はまだ大事に使っています。
化粧品も寿命があるので、完璧に上記のアイテムは賞味期限切れなのですが、私しか使わないので自己責任です。でも本当にそれくらい気に入っていて、美容部員のお友達からは「まだそんなの持ってるの?すごい!」といわれるレアなものも結構メイクボックスから出てきます。
資生堂のコーナーに良く通っていた当時は20歳くらいだったので、資生堂でもディグニータは私にとってまだちょっとお姉さんラインでした。ディグニータ、小西まなみさんとモデルの理衣さんのポスターがとても印象的で、何かの自分へのご褒美で自分への投資のつもりで買いましたね。ファンデーションや、コームマスカラ、眉パウダーなど、濃い茶色の地味で全く飾り気のないシンプルだけどそこが逆に無駄がなくって洗練された印象の化粧品で大好きでしたね。
ちょっと背伸びしたラインを買っては、次の目標となるラインを横目で見ながら、化粧品を買い続けてきた私です。ピエヌ、マキアージュ、ディグニータと歴代のライン卒業しながらいつかはと思っていた「クレ・ド・ポー ボーテ 」。とうとう買いました。
この商品を知ってから、買うまでに半年。すぐに欲しかったといえばそれまでなのですが、
何だかまだ見合わない気がして、もうクレ・ド・ポー ボーテ は10年越しの買い物になります。
3年ぶりに四条河原町に行ってきました。高島屋だけしか行けなかったのですが。

せっかくだったので、欲しかったカラーと、色違いで1個、合計2個も買ってしまいました。
クレ・ド・ポー ボーテ レオスールデクラ

130205_1007~01
シルバー、ゴールド、ブロンズの3色ですが、シルバーとブロンズを買いました。
全てフェイスカラーなので、最終の仕上げに光をまとうように、軽くお粉をかけるイメージなのですが、
シルバーはハイライトメインに、ブロンズは、ファンデーションの足しとして使おうと思っています。
まだ、ブロンズの方しか使っていないですが、リキッドファンデーション、粉おしろいを少なめにして、ブラシにとったフェイスカラーをミネラルファンデーションのような使い方で使うとミネラルファンデーション風な仕上がりになってきれいです。キャメロンディアスとか、サラジェシカパーカーみたいな素肌をイメージしてもらったら分かるとおもいます。
たぶん、シルバーは十和子さんや、松嶋菜々子さん、小雪さんみたいな感じの仕上がりになると期待しています。
そんなに私は色白ではないので、彼女たちみたいにはならないですけどね。

メイクについて書くとたくさんになっていましました。
久しぶりにメイクレシピをご紹介。
aikara.jpg

クレ・ド・ポー ボーテの新色のアイカラーを自分が持ってるアイテムで組み合わせました。
簡単に言うと、ブラウン×ブルーの締め色です。
でもブラウンもブルーも、2つバリエーションがありましたが、
シックなイメージと、明るくポップなイメージと、どちらもやはり粒子がとても細かいパウダーなので、クレ・ド・ポー ボーテのディスプレイしてあったアイカラーはとてもきれいでした。

ブラウンベースのアイメイクであれば、
ベージュでベースカラー、ゴールド、またはブロンズをアイホールに。
締め色がダークブラウン、ブラックという感じになりがちですが、ここでブルーが出てくるのが以外。でもやってみるとしっくりきます。
シックなイメージであれば、ブラウン・ブルーもクール系の色で。
ポップなイメージがお好みなら、どちらもフォーム系の色を選んだら
キレイに決まると思います。

今日は私はウォーム系のポップなイメージを選び、メイクしてます。

** Relaxation Esthetic 彩 **
郵便address 大津市千石台7-7
電話tel 090-3651-4406(サロン専用)
icon30mail esuteaya@gmail.com 
ご予約・お問い合わせフォーム
美容営業時間 9:00~20:00(完全予約制)
不定休 月~土(当日予約可) 日・祝(前日までのご予約の方のみ)

iconN10施術中は電話に出られないこともございます。
折り返しお電話させていただきますので伝言メッセージを残してくださいますようお願い申し上げます。
エステティシャン 小林ひとみ

Relaxation Esthetic 彩の情報はこちらからもどうぞ。
滋賀県大津市 エステ リラクゼーションエステ彩 フェイシャル 痩身 マッサージ ブライダルエステ
スポンサーサイト
2013-02-05 : メイクレシピ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

エステ彩 ひとみ

Author:エステ彩 ひとみ
大津京のプライベートエステサロン
** Relaxation Esthetic 彩 ** のアラフォーエステティシャン 小林ひとみです。小さい頃からキレイなものや美しくなるプロセスが好きで、エステティシャンを志しました。現在8歳の息子がいますが、子供を産んだことや30歳になったことをきっかけに体型や体調、お肌のコンディションが変わったことを実感し、美しく年を重ねることやアンチエイジングについてもっと多くの方に知っていただきたいと思いこのエステサロンを立ち上げました。当ブログではサロンの日常と日々の美容法やお肌に関する知識、エステティック技術なども紹介したいと思っています。

TEL 090-3651-4406
★お気軽にお電話ください。                   

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。