スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

低体温による身体への影響

昨日に続いて、低体温について。

もし、あなたの平熱が36.7度なら免疫力もフルに働きます。

36.7度 健康体
36.0度 疲れやすい、やや免疫力低下
35.5度 自律神経失調症、排泄機能の低下、肥満、むくみ、アレルギー症状などが出る(免疫システムのバランスの乱れ)
35.0度 がん細胞が最も活発

35.5度の時点で
・眠りが浅くよく夢を見るようになる
・生理周期が乱れる
・排尿回数が減ったり、便がすっきりでなくなる
などの症状が現れることも。

低体温化するとこんなことが起こるかも・・・・。
体温下がると太りやすくなる
1度下がると1年で7.3キロ太ることに
体温が下がると酸性体質になりやすく→血液の粘度が高まりどろどろの血液に→新陳代謝が低下→低体温が引き起こす病気になる可能性が高まる(偏頭痛、腰痛、貧血、アトピー、倦怠感、自律神経失調症、動悸、めまい、息切れ、生理痛、乾燥肌など)

スポンサーサイト
2013-06-11 : エステティシャンの日記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

エステ彩 ひとみ

Author:エステ彩 ひとみ
大津京のプライベートエステサロン
** Relaxation Esthetic 彩 ** のアラフォーエステティシャン 小林ひとみです。小さい頃からキレイなものや美しくなるプロセスが好きで、エステティシャンを志しました。現在8歳の息子がいますが、子供を産んだことや30歳になったことをきっかけに体型や体調、お肌のコンディションが変わったことを実感し、美しく年を重ねることやアンチエイジングについてもっと多くの方に知っていただきたいと思いこのエステサロンを立ち上げました。当ブログではサロンの日常と日々の美容法やお肌に関する知識、エステティック技術なども紹介したいと思っています。

TEL 090-3651-4406
★お気軽にお電話ください。                   

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。