スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

夏のケア「美白」。そもそも「美白」とは?

白いお肌を目指す方がここ数年多数派になってきたように思います。
お肌全体の「白さ」は、もともと持ち合わせた、つまり遺伝によるところも多く、「地黒」という言葉が存在するわけです。
息子も、私の主人も生まれつき色白なので、「白い」ということにおいては彼らの方が有利ということになりますが、「美白」の【美】の部分は、くすみのない透明感や、色むらのなさ、血色の良さも含んでいるので、「美白」とは「持ち合わせたお肌に合わせて限りなく白く、明度を上げる」「美しく均一に彩度を上げる」ということになると私は解釈しています。

美白の中で出てくるキーワード「シミ」と「クスミ」。
「シミ」とは色素沈着によってお肌の表面が変色してしまうこと。それはさまざまな要因で起こりまます。
「クスミ」とはお肌に透明感がなく明るさやつやが感じられない状態のこと。

シミにはいろんな種類があり、起こる原因が違うので、シミによって対処法が違います。
老人性色素はん、肝斑、雀卵斑、炎症性色素沈着、摩擦黒皮症etc...。

クスミにも種類と原因があります。
日焼けによるお肌の明度の低下によるクスミ、血行不良のクスミ、乾燥によるクスミ、老化によるクスミ、たばこを吸うことによって起こるクスミ。

人間の老化の80%は紫外線に起因するものといわれています。
逆にいうと、20%がエイジングによって老化しているということ。
80%はある程度防ぎようがあるものなので、できるだけ光老化を食い止めましょう。

美白のためのお肌のお手入れポイントは4つ
①紫外線対策を万全にする
②シミになったメラニンをもとに戻す
③できたしみを赤として出すために新陳代謝を上げる
④新しいシミを作らない
これは当サロンで使用している「ホワイトリペアセラム」の設計でもそのようにしていますし、HAABによるピーリングケア、炭酸パックなどでも実現できます。

そして外から内からケアすることです。
外からは上記に上げたスキンケア法と日頃の紫外線カット。

内からは抗酸化、抗糖化の食品を摂取することです。
青汁もよし、スロータスティーもよし、酵素も効きます。

そして定期的なエステティックサロンでのお肌のお手入れ。
日頃のスキンケアと紫外線対策。

継続することで、ご自身の持ち合わせた白さを引き出し、その白さを美しくみせる透明感、均一さを手に入れることができると思います。今年の夏も美白ケア、頑張りましょう!!

s300_20111008110207.jpg

** Relaxation Esthetic 彩 **
郵便address 大津市千石台7-7
電話tel090-3651-4406(サロン専用)
icon30mail esuteaya@gmail.com 
ご予約・お問い合わせフォーム
美容営業時間 9:00~20:00(完全予約制)
不定休 月~土(当日予約可) 日・祝(前日までのご予約の方のみ)

iconN10施術中は電話に出られないこともございます。
折り返しお電話させていただきますので伝言メッセージを残してくださいますようお願い申し上げます。
エステティシャン 小林ひとみ

Relaxation Esthetic 彩の情報はこちらからもどうぞ。
滋賀県大津市 エステ リラクゼーションエステ彩 フェイシャル 痩身 マッサージ ブライダルエステ
スポンサーサイト
2014-06-29 : 美肌について : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

エステ彩 ひとみ

Author:エステ彩 ひとみ
大津京のプライベートエステサロン
** Relaxation Esthetic 彩 ** のアラフォーエステティシャン 小林ひとみです。小さい頃からキレイなものや美しくなるプロセスが好きで、エステティシャンを志しました。現在8歳の息子がいますが、子供を産んだことや30歳になったことをきっかけに体型や体調、お肌のコンディションが変わったことを実感し、美しく年を重ねることやアンチエイジングについてもっと多くの方に知っていただきたいと思いこのエステサロンを立ち上げました。当ブログではサロンの日常と日々の美容法やお肌に関する知識、エステティック技術なども紹介したいと思っています。

TEL 090-3651-4406
★お気軽にお電話ください。                   

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。