スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

夏のヘアケア

最近私も髪のごわつきを感じてこの話題です。

夏は頭皮や髪にとっては、過酷なシーズン。
海やプールのレジャー、紫外線、汗。たくさんの髪への負担があります。
海水に含まれる塩分は、結晶するときに髪の水分を奪ってしまうため、ぱさぱさになったり赤茶けたりするなど、トラブルを引き起こします。またプールの塩素の酸化作用で
、髪のキューティクルが壊れてタンパク質が流れ出し、切れ毛や枝毛の原因になります。

髪の毛の手触りがガサガサしてきたら、それ以上のダメージを最小限に抑えるお手入れを心がけましょう。
キューティクルに負担がかからないようなシャンプーを選ぶことがお手入れのポイント

50代

夏が終わると秋。秋になると抜け毛が増える方が多くなります。
秋の抜け毛は生理現象に加え、夏に受けたダメージが大きいほどその本数は多くなります。紫外線が髪に与える影響も深刻ですが、頭皮にもダメージを与えており、日々紫外線の下でじわじわと細胞が壊されていくことになかなか気づくことができません。髪の毛をつくるもととなる毛母細胞が紫外線の影響でうまく働かなくなると、髪の毛が抜ける原因となるだけでなく、髪の毛そのものが作られなくなり、薄毛の原因となる可能性があります。また頭皮の中の毛根には髪の毛を黒くする細胞があるのですが、紫外線のダメージにより破壊されることで白髪が発生するとも言われています。

夏の正しいケアが秋の抜け毛を予防します。
暑い夏の季節のケアが今後を左右するわけですが、シャンプー選びが特に重要なポイント。皮膚への刺激が少なく保湿力が高いものを選び、優しく丁寧に洗うように心がけましょう。値段が少々高くてもアミノ酸系がおすすめ。紫外線を浴びると皮脂や頭皮細胞も参加するので、抗酸化成分の育毛成分が配合された製品であれば尚可。ぱさぱさになった髪にはコンディショナーでのスペシャルケアで、毛先など特に痛んだ部分に着けてから蒸しタオルを巻いて数分間してその後良く洗い流しましょう。

育毛剤を使ってしっかり頭皮ケア&マッサージを行うととても効果的です。血行を促進させることで育毛j環境を整えてあげましょう。

夏は特にヘアケアにも気を使って、つやつやの髪をキープしましょうね
スポンサーサイト
2014-08-10 : ヘア・メイク : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

エステ彩 ひとみ

Author:エステ彩 ひとみ
大津京のプライベートエステサロン
** Relaxation Esthetic 彩 ** のアラフォーエステティシャン 小林ひとみです。小さい頃からキレイなものや美しくなるプロセスが好きで、エステティシャンを志しました。現在8歳の息子がいますが、子供を産んだことや30歳になったことをきっかけに体型や体調、お肌のコンディションが変わったことを実感し、美しく年を重ねることやアンチエイジングについてもっと多くの方に知っていただきたいと思いこのエステサロンを立ち上げました。当ブログではサロンの日常と日々の美容法やお肌に関する知識、エステティック技術なども紹介したいと思っています。

TEL 090-3651-4406
★お気軽にお電話ください。                   

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。