スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

食生活の変化について

何から書こうか、ファスティングについて。
いろいろ考えたのですが、まずは食生活の変化から。

昔からの和食は、栄養学的に優れていると世界的にも評価が高いです。

たとえば、春の苦味のある山菜、春野菜。
ふきのとう、タラの芽、わらび、なのはな、たけのこ、春キャベツ。
春にはほんの短い期間にしか味わうことのできない食材がいっぱい。

春野菜を食べる習慣には、老廃物が溜まった冬から、苦味でカラダを目覚めさせたり、新陳代謝を促すという、昔ながらの知恵が込められています。

このような四季と体の変化にも対応した和食ですが、
この半世紀で私たちの食生活は大きく変化し、これまで食べてきた野菜や豆、混載、魚介、階層の摂取量が減り、動物性タンパク質、動物性脂質の摂取量が大幅に増えています。

食生活が豊かになったことで三大栄養素(タンパク質、脂質、炭水化物)の摂取は十分ですが、これらは体を動かすエネルギーでエネルギーを働かせるためのビタミン、ミネラル、食物繊維、酵素、フィトケミカルが足りていないために、エネルギーを使いきれていないのが現在の食生活の傾向です。

動物性タンパク質や脂質を代謝するためには多くの消化酵素が必要になり、消化酵素を働かせるためにはビタミンやミネラルが必要です。

その結果、脂質を中心に余ったエネルギーが脂肪細胞に集まり、体脂肪を増加させ肥満の原因となります。

食品を産業として工場などで生産するようになったことにより、衛生上の観点や腐らない、食感が良い、安価などの利点を重視して「トランス脂肪酸」の含まれる油や食品添加物を使った加工食品が出回るようになり、それらが口に入り、消化を進めるにはたくさんの酵素が必要であり、人体には酵素の生産能力は限りがあるのに、食生活で無駄に酵素を使いすぎているという問題もあります。

自然のものを適切な量で食べ、バランスを考える。
まずは食生活、そこから見直していきたいですね。

原点である、和食と季節の食べ物に戻ってみるのも良いと思います。

a0133724_11592867-480x319.jpg
スポンサーサイト
2015-03-07 : 美容と健康に効く食べ物 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

エステ彩 ひとみ

Author:エステ彩 ひとみ
大津京のプライベートエステサロン
** Relaxation Esthetic 彩 ** のアラフォーエステティシャン 小林ひとみです。小さい頃からキレイなものや美しくなるプロセスが好きで、エステティシャンを志しました。現在8歳の息子がいますが、子供を産んだことや30歳になったことをきっかけに体型や体調、お肌のコンディションが変わったことを実感し、美しく年を重ねることやアンチエイジングについてもっと多くの方に知っていただきたいと思いこのエステサロンを立ち上げました。当ブログではサロンの日常と日々の美容法やお肌に関する知識、エステティック技術なども紹介したいと思っています。

TEL 090-3651-4406
★お気軽にお電話ください。                   

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。