スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

糖化と酸化を考える

「病気の治療には薬」
「病気の予防には食事」

毎日の食事を基本に
元気に若さを保って過ごすことをみんな望んでいることでしょう。

体は食べたものでできています。
食生活を見直して、短期ではなく続けられるスタンスで、自分なりのアンチエイジング見つけませんか?

「老化」「加齢」「エイジング」
うまれたときから始まっていても、「若々しい人」「年齢よりも老けて見える人」と個人差が表れてきます。
老化は私たちの体を傷つける。フリーラジカルや活性酸素が引き起こしています。
抗酸化力を蓄えて、そして酸化する要因をなるべく避けて、健やかに過ごしたいものです。

抗酸化 何で酸化を予防するか?
ポリフェノール、カテキン、リコピン、イソフラボン。
抗酸化成分としておなじみの名前。
抗酸化成分といってもひとつひとつがすべてに万能というわけではなく、食品によって性質も異なります。
そういうわけで、いろんな種類のものをなんべんなく食べていかねばならないのです。
食品で抗酸化する。一方で活性酸素を出すことを減らす。環境、食品、ストレス、大気汚染、紫外線、発がん性物質、除草剤、放射線、たばこ、食品添加物、過酸化物、睡眠不足、過労etc...なるべくこのようなことから体を守る。

もう一つの老化因子「糖化」。
生体内の酸化がサビなら糖化はコゲ。
糖化とは私たちの体の中で起こる反応のひとつであり、
タンパク質や脂肪が糖と反応し、変性してしまう反応。
体内でこれが起こると、体のあちこちで不調を起こします。
ヘモグロビン(タンパク質)が糖と反応して起こった糖化では、糖尿病を引き起こす可能性もあります。
この糖化が起こると、最終的にAGEsという老廃物のような物質が生成され、体内に蓄積され、年齢に応じて下がる代謝能力では、処理力が落ちるので蓄積物がたまってそれによって弊害が起こります。
血管や関節、脳、体全体で老化が促進、病気の引き金となることも。アルツハイマー病、動脈硬化、骨粗しょう症などの一因ともいわれています。

美容の面でも肌の硬化を引き起こし、コラーゲンの変質はたるみの原因ともなりますので、老化の原因になります。肌のハリを保っているコラーゲン線維が糖化すると構造を破壊してしまいます。コラーゲンのタンパク質や脂肪が細胞内の糖と体温という熱で反応して糖化がおこります。するとコラーゲンタンパクやエラスチン線維などのタンパク質が破壊され、その結果お肌の弾力性、ハリ、ツヤが失われます。進行した糖尿病の方の場合、この糖化反応が高いため、黒ずみ、たるみのみならず、AGEsが皮膚の細胞にとどまることによって、くすみやシミの原因となりお肌の透明感がなくなります。

予防策は食生活にあります。
GI値の低い食品と、血糖値を乱高下させない食べ方の継続が必要です。

抗糖化作用を持つ食材もあります。よもぎ、どくだみ、さくらの花びら、カモミール、コーンのひげ、アルファリポ酸、サラシアなど。

酸化と糖化は実は同じところで起こっています。
体が酸化すると糖化を促進してしまいます。


抗酸化ケア、抗糖化ケア、生活の中にカギはあります。
老化から体を守る予防策、実践していきたいものですね。

** Relaxation Esthetic 彩 **
郵便address 大津市千石台7-7
電話tel 090-3651-4406(サロン専用)
icon30mail esuteaya@gmail.com 
ご予約・お問い合わせフォーム
美容営業時間 9:00~20:00(完全予約制)
不定休 月~土(当日予約可) 日・祝(前日までのご予約の方のみ)

iconN10施術中は電話に出られないこともございます。
折り返しお電話させていただきますので伝言メッセージを残してくださいますようお願い申し上げます。
エステティシャン 小林ひとみ

Relaxation Esthetic 彩の情報はこちらからもどうぞ。
滋賀県大津市 エステ リラクゼーションエステ彩 フェイシャル 痩身 マッサージ ブライダルエステ
2013-09-09 : アンチエイジング : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

『7の倍数』 女性の節目とライフサイクル

今の体やお肌と向き合ってみませんか?

東洋医学では「女性は7の倍数」「男性は8の倍数」の年齢で節目を迎え、体に変化が現れると言われています。
「節目年齢」で、体の変化の度合いをチェックし、いつまでも元気でキレイ。エイジレスビューティーを目指して、年代別のエイジングケアを始めませんか?
未病に気づいて早めのケア、不摂生を減らして養生を。自分の力を過信せず、食事・運動・睡眠で心身ともにエネルギーのバランスを整え毎日を丁寧に健やかに過ごしましょう。


illust4250thumb.gif


『7の倍数』 女性の節目とライフサイクル

7歳
自発的に物事をおこなうようになる。歯は永久歯に生え変わり、髪は猫毛のような柔らかい毛からしっかりとした艶の髪に変わってくる。

14歳
月経の準備が完了する。

21歳
女性の体ができあがる。

28
歳 筋肉・骨格・内臓の器質は最も状態が よく、その働きも安定。最も美しい。

35歳
容姿の衰えが見え始める。顔のシミやしわなど、 老化が目立ち、やつれ始める。 脱け毛が多くなる。

42歳
白髪が目立ち始める。顔の深部の 老化が進む結果、たるみが目立ち、皮膚の ハリや艶がなくなる。心身の不調が起こりやすくなる。

49歳
閉経。子供を授かることが難しくなる。閉経前後の不定愁訴が起こりやすくなる。女性ホルモンの分泌が減り、お肌は乾燥傾向に。

50代(56歳)
肝気が衰え始める。イライラ、眼の疲れが 起こりやすくなる。体力の低下を感じるように。

60代(63歳)
心気が衰え始める。動悸、息切れ、慢性疲労、不眠が 起こりやすくなる。

70代(70歳・77歳)
脾気が虚弱になる。食欲不振、胃腸虚弱、便秘、下痢が起こりやすくなる。


東洋医学のバイブルと言ってよい存在でる『黄帝内経(こうていだいけい)』という2000年前に中国で書かれた医学書の時代からこの考えはあります。

皆さまも「養命酒」でご存知かと思いますが
webサイトにが詳しく、分かりやすく情報を掲載されています。
なぜ、7と8の倍数なの?
未病について詳しく知る

私が35歳のところ、スタッフ宮内が28歳のところに該当します。
この「『7の倍数』 女性の節目とライフサイクル」を研究する中で、自分自身のこの7年の変化にとても驚きました。次の42歳に該当する方とお話しすると、「次の7年がもっと怖いわよ~」と笑っておっしゃっていましたが、それでもエイジングの変化を受け入れて、楽しんで、各年代ならではの美しさを引き出し、気になる部分を適切にお手入れするのが私たちエステティシャンの仕事ではないかという結論に行き着き、このメニューの考案にいたりました。

** Relaxation Esthetic 彩 **
郵便address 大津市千石台7-7
電話tel 090-3651-4406(サロン専用)
icon30mail esuteaya@gmail.com 
ご予約・お問い合わせフォーム
美容営業時間 9:00~20:00(完全予約制)
不定休 月~土(当日予約可) 日・祝(前日までのご予約の方のみ)

iconN10施術中は電話に出られないこともございます。
折り返しお電話させていただきますので伝言メッセージを残してくださいますようお願い申し上げます。
エステティシャン 小林ひとみ

Relaxation Esthetic 彩の情報はこちらからもどうぞ。
滋賀県大津市 エステ リラクゼーションエステ彩 フェイシャル 痩身 マッサージ ブライダルエステ
2013-05-11 : アンチエイジング : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

月1の食を学ぶ勉強会参加してきました

月1回京都で開催されているアンチエイジングの勉強会ももう2年以上になります。
学ぶ私としては、サロンに通う感覚。
行ったら、あれを実生活に取り入れてみようとか、
並行してこれをやったら効果が出そうとか、
美容欲というかモチベーションが上がるというか、
俄然やる気がアップします

施術中にもお客さまにお話する話題として、
勉強会直後はこの話ばっかりしているかもしれません。
ごめんなさい

お話して、1から食の大切さを話そうとすると
何から伝えたら良いのかわからなくなってしまって、
まだまだ勉強不足だなと思うことがよくあります。
こうしてお話していることで、私自身も理解を深めていますので時にはお付き合いいただけたら幸いです。

今回のテーマは
「からだが取り入れられる食べ物 取り入れられない食べ物」

長寿の日本はただ長生きする人が増えたということではなく、
どのような健康状態で長生きする人が増えたか、
その背景には・・という話題、
1970年以降のアレルギー発症率の増加と食生活の関係、
医療費が高騰している背景にある所得との創刊、
生活習慣病が意味するものを学びました。

戦後以降のエンゲル係数の推移から、
現代の世代別の食に対する価値観、重要度、意識、傾向などお聞きすると、
うなずけることがたくさん。
「喫煙と肥満・運動量、野菜摂取量」と「所得」「医療費」の関係、
それを取り巻く社会の構造も納得することがいくつかありました。

今では普通に食べて、
食べない日の方が少ない人も多いと思う「加工食品」。
食品だけど、工業製品のように加工、大量生産される中で、
いろんなものが入れられ、見た目を良くし、カロリーを抑え、
健康に良いと思われている化学物質が入り、食品添加物が入り・・・。
そういうものを食べていて、
日本人は平均で年間4キロもの食品添加物を取っているそう。

過酸化脂質とトランス脂肪酸など
わざわざ体に悪いものを摂取し、
それらは生活習慣病の原因の一つともいわれ、
大量摂取は人の心も変えると言っている人もいて、
たくさん摂りがちな人は精神的に不安定で怒りっぽく攻撃的という傾向にあるそう。

自然に近いものを食べ、
血糖値の乱高下を抑えて脂肪の蓄積を防ぎ、
美味しいと思いながらゆっくり食事の時間をとり、
食事が心豊かなものとなるように、
また、ご飯を作ること自体を楽しめたら
最高なんだろうなとつくづく思いました。

そういうわけで、最近、小腹がすいたときに食べたい「おやつ」まで手作りしてしまいました

2012-08-04 : アンチエイジング : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

食を学んだ週末

先週末、京都で食を学ぶセミナーに参加してきました。
メンバーはいつもの方なのですが、今回は実習形式。
12:30から下ごしらえで、有志の方で・・・とおっしゃっていたので、ぜひ下ごしらえから参加したいと思っていたにもかかわらず、ついたのはやっぱりギリギリ。
どこからどこまでが下ごしらえかわからないまま、途中からの参加となってしまいました

献立は
・カラダうるおうピューレ
・トスド・サラダ
・煎り黒豆のごはん
・ひきずり豆腐
・キャベツとじゃこのオリーブソテー

ゆでる、炒める、蒸す、豆を戻すの料理の基本だけど、意外と知らない、意外と間違っている、びっくりがいっぱい詰まった内容でした。


カラダうるおうピューレ
120616_1402~02
野菜を小さめに切り、バーミックスで撹拌して出来上がり。
野菜の組み合わせとオイルとナッツが決め手。
オイルはEXバージンオリーブオイルと亜麻仁油。この日は生アーモンドを使いましたが、クルミやカシューナッツ、ピスタチオでも美味しいそうです。
キャロットのオーガニックジュースをミックスして作りましたが、トマトジュースでも可。
昨日家で余っていたレタスとトマト、りんごも冷蔵庫にあったので適当にフードプロセッサーで撹拌して作ってみたのですが、やっぱりジュースの水分がなかったのでイマイチ、ピューレというよりみじん切り状態になって失敗でした。
全く買い物に最近出ていないので、近く良い食材を買い出そうと思います。(残念、本当に美味しくなかった

トスド・サラダ
葉野菜を使って、色とりどりにセンスと好みで作るシンプルなサラダ。
亜麻仁油やオリーブオイルなど、オメガ3を加熱せずに良い状態で体に取り入れ、良質のお酢でシンプルに味付け。
すごくカラダに良さそうなサラダ。
野菜を洗って水をよくきり、オイルでトス(バレーボールのトスのように2つのスプーンなどトスする)すると2~3時間冷蔵庫に入れても劣化しないそう。最後にビネガーをかけて出来たてサラダでおもてなし料理にも
パプリカやピーマン、ゆでた豆を盛り付けても。
この日はラディッシュとにんじんを薄く切ったものも混ぜ、オレンジや赤の色合いがキレイでした。


煎り黒豆のごはん
山陰地方の伝統料理で「おけじゃめし」とも言うそうです。
炊飯器に米1.5カップ、酒(小さじ1)、塩(ひとつまみ)をいれ、2合分より少し多めに水加減する
15分ほど弱火で煎った黒豆を加え普通に炊いて、炊き上がったら軽く混ぜて出来上がり。
簡単だけど、とても美味しく、ボリュームもあって大満足でした。
おうちでも、雑穀米に大豆の水煮をあわせて炊いたら、そんな感じのご飯になったんですが、
大豆の水煮を炊飯ジャーでまた炊いたことになり、やわらかくなりすぎてしまいました。
「丹波の黒豆ってこんな使い方もあるんだ・・・」と感心した一品でした。
たぶん子供も好きな味だと思います。

ひきずり豆腐
豆腐を器に盛り、すりごまと塩を混ぜて豆腐にたっぷりかける。
亜麻仁油・ごま油をまわしかけいただく。
なんて濃厚な冷奴。
豆腐とは思えないボリュームで、見た目よりお腹いっぱいになりました。
美味しいお塩とゴマだったらとても美味しいと思います。
お塩は日本人には海水からとった塩の方が岩塩よりミネラル分がからだに合うそうです。
水・お塩など、すんでいる場所に近いものが、体に吸収されやすく、バランスもとれているのだそうです。

キャベツとじゃこのオリーブソテー
本当にシンプルなのに、香りもよく食欲をそそられる一品。
オリーブオイルは加熱に強い油なので、もし加熱するんであればオリーブオイルを。
良く熱したフライパンにオリーブオイルを煎れ、じゃこを加えて中~弱火で香りだしを。
ざく切りキャベツを加えて炒める。
もしごま油をかけるなら、最後に回しかけて仕上げるのも良し。
意外と高温で調理しがちな炒め物。家庭料理では煙がでるほどの加熱料理をする必要はなく、中火くらいで十分なのだそう。糖化の話で「焦げ」がよくないという話題が出ますが、必要以上に高温で料理してもたぶん、良いことはないんでしょうね。
私も家庭料理でほとんど揚げ物をしませんが(面倒なのと、苦手なので)、これからも炒め物と蒸し料理、料理に適した油を適切な温度で使うということを心がけて、オイルを良い状態で体に取り入れたいと思います。

120616_1446~01

全部のお料理はこんな感じです。
見た目、野菜が多いですが、半分くらいでお腹いっぱいです。
使った分量は記載してないですが、結構オイルを使っています。

「豆と油で生まれ変わる!」という本をだされたKIYOさん。
私もできるところから実践してみたいと思います。

早く買出しに行かなきゃと思いながら、日曜日くらいに行けそうかな・・・。
しばらく忙しい日々が続きそうです

** Relaxation Esthetic 彩 **
郵便address 大津市千石台7-7
電話tel 090-3651-4406(サロン専用)
icon30mail esuteaya@gmail.com 
ご予約・お問い合わせフォーム
美容営業時間 9:00~20:00(完全予約制)
不定休 月~土(当日予約可) 日・祝(前日までのご予約の方のみ)

iconN10エステティシャン1名で行っておりますので施術中は電話に出られないこともございます。
折り返しお電話させていただきますので伝言メッセージを残してくださいますようお願い申し上げます。
エステティシャン 小林ひとみ

Relaxation Esthetic 彩の情報はこちらからもどうぞ。
滋賀県大津市 エステ リラクゼーションエステ彩 フェイシャル 痩身 マッサージ ブライダルエステ



2012-06-21 : アンチエイジング : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

「アミノ酸と必須脂肪酸」について

今回の南清貴さんの勉強会は「アミノ酸と必須脂肪酸」について でした。

穀類と豆類を食べあわせる意味や、動物性たんぱく質の消化と分解について学びました。
「消化」という現象は、食べたものを「自分に作り変えていく」ということ。
そう考えると変なもの、「あんまり体に良さそうじゃないな」と思うものは避けたいし、「食べすぎもだめだよね」という気持ちも起きてきます。

たんぱく質の過剰摂取は良くなく、
分解するために体内の抗酸化物質で対応することになり、
大切な抗酸化物質を無駄遣いすることになるというお話がありました。
せっかく始めた「レスベラトロール」のサプリも台無しになってしまうので、
「お肉類はほどほどに」と肝に銘じて。

地球環境の問題からも「たんぱく質の過剰摂取は良くない」というお話も納得でした。
食肉生産のために必要な穀物は牛肉1キロに対して穀物11キロ。そして膨大な地下水を使います。
牛肉などのたんぱく質を必要以上にとることは水と穀物を無駄に消費することにつながります。
この穀物と水で世界の貧困が救えるのに・・というお話もありました。

もう一つ、脂肪のお話。
脂肪は細胞膜や血液、ホルモンなどの原料になり
ビタミンADEなどの吸収を助け
エネルギー源となり
胎児や幼児の成長や脳の発達に必要。
血圧調整や血液凝固
炎症や他の体の機能をコントロールするので必要な物質です。

脂肪には油と脂があり、
脂は飽和脂肪酸、固まっているもの
油は不飽和脂肪酸、液体のもの。
シス型脂肪酸、トランス脂肪酸などの話題でした。
自然界にあまり存在しなくて、あまり良い話を聞かない「トランス脂肪酸」
動脈硬化や認知症にもつながる可能性のあるものです。

油も摂り方があり、
高温で過酸化脂質に変化してしまうと、抗酸化物質をたくさん使ってしまう不利益な存在になってしまうことも。

オメガ3など、オメガ○○で油を分類しますが、良い油・必要な油を適切な調理法でとっていくことを学んでいかないととおもいました。

次回は調理の実習で楽しみにしています
エステはお昼からお休みにしています、ごめんなさい。
なぜ調理実習をするかという南清貴さんからのお話で、
本能の勝利「食べすぎなのに栄養不足」→「体は栄養素を欲している」ということが衝撃でした。
○○を食べる→○○は実はあまり栄養がない→体が栄養素を欲している→また○○を食べる→満足しない
こういう現象がおきているそう。
そういうことを防ぐためにも体が食べ物をイメージできるように、レパートリーを増やし、知っておかなければならない
だから食べ方を知るための実習が次回の勉強会のテーマだそうです。

豆類を中心にということでしたが、
とても楽しみです。

あんまり料理は得意ではないですが、
たぶん、私は張り切ると思います

早めに行こうっと。

** Relaxation Esthetic 彩 **
郵便address 大津市千石台7-7
電話tel 090-3651-4406(サロン専用)
icon30mail esuteaya@gmail.com
美容営業時間 9:00~20:00(完全予約制)
不定休 月~土(当日予約可) 日・祝(前日までのご予約の方のみ)

iconN10エステティシャン1名で行っておりますので施術中は電話に出られないこともございます。
折り返しお電話させていただきますので伝言メッセージを残してくださいますようお願い申し上げます。
エステティシャン 小林ひとみ

Relaxation Esthetic 彩の情報はこちらからもどうぞ。
滋賀県大津市 エステ リラクゼーションエステ彩 フェイシャル 痩身 マッサージ ブライダルエステ

2012-06-14 : アンチエイジング : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
« 前のページ  ホーム  次のページ »

プロフィール

エステ彩 ひとみ

Author:エステ彩 ひとみ
大津京のプライベートエステサロン
** Relaxation Esthetic 彩 ** のアラフォーエステティシャン 小林ひとみです。小さい頃からキレイなものや美しくなるプロセスが好きで、エステティシャンを志しました。現在8歳の息子がいますが、子供を産んだことや30歳になったことをきっかけに体型や体調、お肌のコンディションが変わったことを実感し、美しく年を重ねることやアンチエイジングについてもっと多くの方に知っていただきたいと思いこのエステサロンを立ち上げました。当ブログではサロンの日常と日々の美容法やお肌に関する知識、エステティック技術なども紹介したいと思っています。

TEL 090-3651-4406
★お気軽にお電話ください。                   

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。